牛丼のまめ知識!牛丼はいつから?いったい誰が最初に名付けたの?

牛丼とは

牛丼(ぎゅうどん)とは、牛肉とタマネギ等を甘辛く煮込んで
アツアツのご飯の上にかけた日本ならではの丼料理です。

牛丼の歴史

元々は牛鍋を丼飯にかけた「牛めし」と呼ばれていたものが原型で
明治時代に誕生しました。そして1899年(明治32年)に
吉野家創業者の松田栄吉さんが「牛丼」と名付けたとされているのです!

主な牛丼屋

牛丼といえば牛丼チェーン店というほど牛丼チェーン店が人気で
吉野家とすき家は日本において47都道府県すべてに展開しており
この2社に関しては店舗数1,000店を超えており

他に松屋を加えた3社が「3強」、「御三家」として
主要チェーンとして認識されています。

牛の豆知識のまとめ

いかがでしたか?今は身近に感じている牛丼ですが
もう120年くらいの歴史があるのですね!

そんな歴史ある牛丼ですが現在は通販で購入でき、ご自宅で好きな時に食べれますので
ぜひ通販でお好みのお店の牛丼を自宅にストックしてみてはいかがでしょうか!

 

⇒吉野家牛丼の通販最安値はこちら

 
 

吉野家の牛丼は何カロリー?ダイエット中に食べても良いの?

ダイエットに食事制限などいろいろとがんばっいる人も多いかと思いますが
そんな時に限って吉野家の牛丼を食べたくなりませんか?

そしてやっぱり気になるのはカロリーですよね!
そこで今回は吉野家の牛丼はいったい何カロリーなのか
いろいろと調査してみました!

吉野家の公式ページによる発表ですと

並盛り…669kcal
アタマの大盛り…752kcal
大盛り…929kcal
特盛り…1,063kcal

となっております!

結構カロリー高いので
ダイエットしている方は並盛りが無難です!

ちなみに吉野家の牛丼の具のカロリーですが
並盛りの1袋(135g)あたり336kcalとなっております!

結構高いので、ダイエット中に牛丼の具を食べる場合は
ご飯の量を少なくしたり気を使ったほうがよさそうですね!